映画・ドラマ

ディーン・フジオカのピアノは吹き替え?松下のチェロも吹き替え?【エンジェルサイン】

松下奈緒さん、ディーン・フジオカさん、緒形直人さん、菊池桃子さん、佐藤二朗さんらが出演するエンジェルサイン がいよいよ2019年11月15日から公開されます。

 

上映する映画館も全国でどんどん増えていっています。

 

ところで、今回の映画の見所の一つにディーン・フジオカさんと松下奈緒さんの楽器演奏があります。

 

楽器って難しいのでそんなに簡単に弾けるわけもなく通常は吹き替えが行われています。

 

そこで今回は「ディーン・フジオカのピアノは吹き替え?松下のチェロも吹き替え?【エンジェルサイン】」と題して記事を書いてみました。

 

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

エンジェルサインの紹介

 

 

世界各国から集まった珠玉のサイレント漫画と北条監督オリジナルのプロローグ・エピローグを足した6つのストーリーで構成される台詞のない映画です。

 

心温まるストーリーもあれば、切なく悲しいものもあります。

 

台詞がないため、それらの感じ方も観客それぞれということになります。

 

台詞の無い映画やドラマなんてこれまでにあったのでしょうか?

 

 

引用:Wikipedia

 

結構あるんですね。

 

でも、古いものばかりで最近のものは無いようです。

 

エンジェルサインについては、他でも記事を書いていますので宜しければ参考にしてくださいね。

 

エンジェルサインのキャウトや原作については「映画『エンジェルサイン』のキャストは誰?原作や主題歌も調査」でまとめましたので参考にしてくださいね。

 

エンジェルサインのストーリーや上映館についても「映画『エンジェルサイン』のあらすじに北条司監督感動!上映映画館どこ?」でまとめていますので、こちらも参考にしていただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

ディーン・フジオカさんのピアノは吹き替え?

 

この投稿をInstagramで見る

 

doremi_819(@doremi_819)がシェアした投稿

 

現在は「シャーロック」の撮影中ですから、雰囲気が「誉 獅子雄」になっていますね。

 

ディーン・フジオカさんは俳優であり優れたミュージシャンでもあります。

 

作られる楽曲はどれも素敵なものばかり。

 

とはいえ、ピアノは本職ではありません。

 

例えば、「のだめカンタービレ」でも玉木宏さんや上野樹里さんが音大生の役をやりましたが演奏シーンは替え玉の吹き替えでした。

 

 

のだめ役の上野樹里さんの吹き替えや「手」を担当されたのが河野 紘子さん。

 

河野 紘子さんは、私が以前通っていた埼玉にある森音楽教室というところに在籍されてまして、教室内はかなりざわついておりましたよ。

 

さて、ディーン・フジオカさんの場合はどうなんでしょう。

 

実はディーンさんは数年前に吹き替えなしでピアノを演奏されていました。

 

 

手首がとても柔らかく、タッチもとても繊細です。

 

もちろん、それからずっとピアノを弾かれていたわけではありませんので、練習はかなりされたと思いますが吹き替えなしで演奏されているものと思われます。

 

しかも、ご自身が「プロのミュージシャンとして吹き替えで済ますわけにはいかない」というニュアンスのこともおっしゃっていました。

 

ディーンさんは本当に多彩な才能をお持ちです。

 

スポンサーリンク

松島奈緒さんのチェロは吹き替え?

 

この投稿をInstagramで見る

 

n a n a(@n.m_r.s__love)がシェアした投稿

問題です・・・チェロを演奏する人をなんと言うかご存知ですか?

 

正解は、チェロリストです。

 

嘘です。チェリストですね。

 

いきなり脱線してすみません・・・松下奈緒さんは女優でありながら音楽家です。

 

ピアノはプロ級・・・というかプロです。

 

とはいえ、ピアノは打楽器、「ド」の鍵盤を叩けば「ド」の音が出ます。

 

しかし、チェロはそうはいきません。

 

ギターのようにフレットがないので、抑える場所が少しでもずれると気持ちの悪い音程の音が鳴ってしまいます。

 

よって左手のポジションを覚えるのがとても大変です。

 

こんな風に・・・シール貼ったりなんかして、皆さん苦労するんですよね。

 

ほぼ均等に指を広げることも普段しませんので慣れるのに大変です。

 

そして一番の問題は、自分で出している音が正しいのかわからないことです。

 

そして「開放弦」を弾いた時に答え合わせができるのですが、時すでに遅し・・・地獄を見ます。

 

では松下奈緒さんの場合はどうなんでしょうか?

 

松下さんはピアノのプロで音階を頭の中で鳴らす能力をお持ちです。

 

どう言うことかと言うと、チェロで「ラ」の音を弾こうとした時に頭の中では「ラ」の音が鳴っているんです。

 

ですから、毎回答え合わせができるので音がだんだんずれていくと言うことがありません。

 

ちなみに、こう言う能力はソルフェージュで鍛えることができますよ。

 

結論としては、松下さんであれば、頑張って練習すれば吹き替えに頼ることなく弾けると思いますので、撮影ではご自身で演奏されているはずです。

 

スポンサーリンク

まとめ【ディーン・フジオカのピアノは吹き替え?松下のチェロも吹き替え?【エンジェルサイン】】

 

今回は「ディーン・フジオカのピアノは吹き替え?松下のチェロも吹き替え?【エンジェルサイン】」というタイトルでお届けしました。

 

ディーン・フジオカさんのピアノ演奏は替え玉でも吹き替えでもなくご自身で演奏されています。

松下奈緒さんのチェロもご自身で演奏されています。

楽器が弾けるっていいですね!と言う締めです・・・

 

最後まで読んでいただき、有難うございました。

 

ディーン・フジオカがバイオリン特訓するも実際は吹き替え!先生は誰?【シャーロック】10月7日に月9ドラマ「シャーロック」が始まりましたね。 制作会見でディーン・フジオカさんがバイオリンの特訓をしていること...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事 - Related Posts -