サイエンス

映画館の4DX3Dがやばい!どの席がおすすめ?値段は?飲食・メガネ・後頭部注意!

4DXというシステムが映画館に導入されたということで気になっていたのですが、なかなか体験できずにいました。

 

今回、やっと体験することができ、面白かったことと、注意する点が沢山あることがわかりましたのでご紹介します。

 

4DXとは、4次元という意味ではなく、体験型上映システムのことで、より臨場感を感じながら映画を鑑賞することができます。

 

4DX座席って、どのあたりが人気あるんだろうなども調査しましたので、最後まで読んで頂ければ嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

映画館で採用されている「4DX3D」ってどんなシステム?

 

 

今回、以前から興味をもっていたライオンキングが4DX3Dで観れということで行って来ました!

 

ちなみに、4DX3Dというシステム名だと思い込んでいたのですが、実際は「4DX」だったのですね。

 

ですから、2D(通常の平面な映像)版もあり、それは「4DX2D」と呼ぶようです。

 

この動画はかなりオーバーは表現をしていますが、決して子供騙しのような代物ではありませんでした。

 

このあとで、価格に関して紹介させてもらいますが、難点は「値段がちょっとお高い」ことで、映画2本分です。

 

今回、私が体験した時は、夏休みの宿題の追い込み時期だからなのか、料金が高いからなのかわかりませんが、学生が非常に少なかったです。

 

スポンサーリンク

映画館で採用されている「4DX3D」がヤバイ

 

私がライオンキングで体感した4DXの効果についてご紹介します。

 

振動について

あれ?いや、ちょっと動きすぎでしょ!

もしかしたら、シートベルトあるんじゃないの?って探しましたからね!!

これ、マジですよ。

映画を見ていると大分慣れましたけど、最初はそれぐらい衝撃的でした。

しかも、ただ激しく動くだけではなく、映像にあわせて微振動したりします。

かならず荷物を預けるためのロッカーが設置されていると思いますので、大きな荷物を持っている場合は、預けたほうがいいかもしれませんね。

 

水しぶき

動物が水たまりを走るシーンなんかで、パシャパシャと水しぶきがとんできました。

3Dメガネも濡れてしまうので、ハンカチなどを持参しておくといいかもしれません。

いやー、ぬれちゃったな〜なんて喜んでいたら、こんなの序の口でした。

 

エンディングのところで雨がシトシト降ってきました。

いつ、止むんだろう・・・

と思うぐらい降り続いていましたね。

みなさん、風邪ひかないようにしてくださいね。

(ちょっと大げさかな)

 

映画館の中でそよ風吹いてるんですよ。

すごいですよ!

本当に映像にマッチした風が吹いてくるんですよ。

これ、病みつきになりますよ!!

 

エアー

後頭部や首すじにエアーが「シュ!」という感じでかかります。

これ、ホラーもので4DXだとかなり怖いな、なんておもいながら映画を見ていました。

(集中できていない・・・)

 

匂い

これ、ライオンキングであったんですかね?

私はちっとも感じませんでした・・・鼻がつまっていたのかな?

 

こんな感じですね。

 

スポンサーリンク

「4DX3D」の場合は映画館のどの席がおすすめ?

この座席表は、私が座席予約をするときの状況です。

グレーになっている箇所はすでに埋まっています。

最前列がおすすめという声も多いですが、今回は「通路を挟んだ最前列が人気なようでした」

また、両サイドは3D効果が少し薄れますので人気ないですね。

 

映画館の規模や地域性にもよるかもしれませんが、参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

「4DX3D」の値段は?

 

大人料金で比較してみましょう。

映画館名 基本料金 4DX3D料金 合計
ユナイテッド シネマ ¥1,800 ¥1,400 ¥3,200
イオン シネマ ¥1,800 ¥1,400 ¥3,200
US シネマ ¥1,900 ¥1,500 ¥3,400
109 シネマズ ¥1,900 ¥1,400 ¥3,300
コロナシネマワールド ¥1,800 ¥1,450 ¥3,250
シネマサンシャイン ¥1,800 ¥1,400 ¥3,200

※上記は全てメガネ代を含んでいます。

※料金は地域や時期によっても変動しますので事前にご確認ください。

 

メガネ代は、映画館によって100円、150円、200円とまちまちでした。

 

メガネはこんな感じです。

 

おっさんずラブの「吉田鋼太郎さん」に似合いそうなメガネですね。

 

このメガネは基本的に返却不要、買取です。

※映画館のルールで異なるかもしれませんので確認してください。

 

大切に保管しておいてくださいね、次から持参すればメガネ代金が不要になります。

 

ちなみに、こちらは昭和の3Dメガネ

 

 

価格を紹介させてもらいましたが、この4DXの設備はかなりお金かかってそうですよね

 

そう考えると、この価格はやむなしかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

「4DX3D」の場合は飲食や後頭部に注意!

 

そもそも、4DXシステムに注意!

ライオンキングで剛泣きしたって方は多かったようですが、私はそれほどでもありませんでした。

でも、ライオンキングのせいではなく、4DXの動きに慣れていなくて若干気が散ったのかもしれません。

字幕だと余計に把握しづらいかもしれません。

4DXに慣れていない場合は吹き替えをお勧めします。

まずは、アクションものなどで4DXを体験しておくといいかもしれません。

それぐらい4DXはヤバイ!

 

ポップコーンや飲み物に注意!

ポップコーンや蓋のついていない飲み物は間違いなくぶちまけます。

通常は売店のスタッフが「4DXですか?」と確認してくれますが、もし確認されなかったら「4DXを観ますと告げましょう」

その場合、ポップコーンを大きな袋にいれてくれます。

それから、トレイは持ち込み禁止です。

トレイにいれた飲み物は、間違いなく吹っ飛んでいくでしょう。

 

メガネに注意

4DXには直接関係ないですが、せっかく4DXを体験するなら、3Dもいっしょに体験したいですよね。

普段、メガネをかけている場合は、3Dメガネを自身のメガネの上からかけることになります。

すると、3Dメガネがずり落ちてくるということがたまにおきます。

こんなことがあると、ストーリーに集中できないですよね。

映画館によっては、クリップ付き3Dメガネを提供していますが、価格が500円もします!

ちょっとお高いですよね・・・

なので、輪ゴムなどを持参し、メガネの柄の部分を固定するとよさそうです。

あと、メガネに水しぶきがかかると視界が悪くなりますので、ハンカチなどがあればいいと思います。

 

エアーに注意

結構頻繁に後頭部(ちょうど、つむじの部分)にエアーが勢いよく吹きかけられます。

たまに、髪の毛に黒い粉を振りかけている方がおられると思いますが、まわりに飛び散って大変なことになりそうです。

となりに純白なブラウスを着た女性でも座っていようものなら、悲劇を生みそうです。

お気をつけください。

 

「4DX3D」に関する世間の反応

https://twitter.com/eot_Ma/status/1165225277376487424?s=20

 

 

 

 

映画館の4DX3Dがやばい!どの席がおすすめ?飲食・メガネ・後頭部のふりかけがヤバイ まとめ

 

4DXの素晴らしさをご紹介するとともに、注意する点も多かったので、合わせてご総会させていただきました。

 

各映画館の値段や、オススメの座席などをも紹介させていただきました。

 

4DX初体験の場合で、字幕の場合はストーリーに集中できないかもしれませんので、感動ものの前にアクションものの映画で体験しておくことをオススメします。

 

集中できなかったのは私だけかな・・・・

 

と思っていたら

 

 

 

https://twitter.com/chiiiiii_chisa/status/1165930145900724225?s=20

 

結構、集中できないって声が多かったです。

 

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク