コロナウイルス

コロナウイルス騒動で歯医者に行くのは大丈夫?危険はないの?

コロナウイルスで世界中大変なことになっています。

 

とにかく、検査ができない、治療ができないというのが一番の問題ですよね。

 

ところで、歯の治療のため歯医者さんにかかっている方は多いと思いますが、歯医者さんで感染することはないのでしょうか?

 

別の心配事として、治療が受けられなくなるかもしれないんです!

 

そこで今回は「コロナウイルス騒動で歯医者に行くのは大丈夫?危険はないの?」と題して記事を書いてみました。

 

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

新たな感染経路があるようです。巷で評判になっている予防アイテムもご紹介している記事を『コロナウイルス感染経路の「マイクロ飛沫」とは?空調や空気清浄機に効果はない』に書きましたので読んでいただけると嬉しいです。

 

歯医者さんの対応は

 

歯医者さんもしっかりと対策をされているようです。

 

主な対策としては次のようなものがあります。

 

キャンセルさせている

咳や熱がある患者さんについては予約をキャンセルするように呼びかけています。

 

これは重要なことですが、私は以前耳を疑うような会話を歯医者さんで聞いてきまいました。

 

インフルにかかって会社休んでるから今のうちに歯治したいんだよな

 

えっ?

 

ってびっくりしました。

 

なので、これぐらいなら大丈夫、自分は大丈夫ということでキャンセルしない場合も多いのではないでしょうか。

 

ホームページで手洗い・うがいをよびかけている

これ、とても大切ですよね。

 

しっかり実行できている人はそもそも感染していないんじゃないかなと思います。

 

ウイルスを持ち運んでいる人の中にはこれらのことを実践出来ていない方もいるのではないでしょうか。

 

そういう人は呼び掛けてもやりませんよね。(個人的意見ですが・・・)

 

ちょっと高性能な空気清浄機を導入

今回の騒動を受けてこういった機器を導入している歯医者さんもいますね。

 

患者さんのことを考えていただけて、とてもありがたいのですが、どの程度の効果があるのでしょうね・・・

 

でも、ないよりマシだと思いますので、そういった対策を実施している歯医者さんかどうかもポイントですね。

 

 

またちょっと、目から鱗だったのが「加湿器に除菌効果のある無害な水を入れて使う」というもの。

 

以前、加湿器はどうなんだろう?

 

と思ったことがあったのですが、ウイルスは湿っているといつまでも生存しそうです。

 

ということで選択肢からは除外していたのですが、この水を使えば効果がありますです。

 

この商品はなんとレビューが13,000件もついており、かなり売れているようです。

 

歯医者さんもぜひこの水を使って院内は安全だとアピールしてはいかがでしょう?

 

また、自宅用としても優れものですのでお試しください。

 

効果のほどは、ぜひ下記リンクから確認してみてください。

 

私も早速注文しました!

 

 

 

日本で治療している中国人があとをたたない

日本の治療技術が高いということなんでしょうが、日本で治療するために今もなお中国から日本に治療のためにやってきている中国人がいます。

 

団体旅行は禁止されていますが、これだけの騒動になっているにもかかわらず個人旅行であれば自由に中国人が行き来できています。

 

あまり言うと差別になってしまいますが、政府も十分な対応ができないなら、できることからさっさとやってほしいところです。

 

みんな確立の問題で感染を恐れてるんです。

 

緊急事態なので、なるべく歯の治療は自国でお願いしたいですね。

 

ただし、コロナウイルスの感染経路は接触感染と飛沫感染です。

 

いわゆる濃厚接触というものですが、歯医者さんでとなりで診察中の中国人と濃厚接触しているわけではないので大丈夫ですね。

 

 

いまどきの歯医者さんは意識高いが・・・

今どき、グローブ、器具、タービン、チェアの滅菌・消毒など当たり前になってきていますよね。

 

治療を始める前に先生や歯科衛生士さんはグローブを取り替えてますよね。

 

器具も治療の前に袋から出しています。

 

あれって、あの袋に入れて滅菌してるんでしょうね。

 

私は虫歯治療は会社のそば、クリーニングは家のそばの歯医者さんに通ってます。

 

でも、、、

 

歯科助手さんがグローブかえてるところは見たことがありません。

 

レントゲン撮る時などに口の中に手を入れられることもあるんですよね。

 

ボタンを押すのは先生みたいですが。

 

いつもは、まあいいか・・・って思ってるんですけど、今の時期、ちょっといやですよね・・・

 

※私の経験に基づいた話ですので、すべてがそうとは限りませんが確認してみるといいでしょう。

 

でも、いま絶賛治療中なので歯医者さんには引き続き行きますけどね^^;

 

対策としては、もし口の中を触られたら、唾を飲み込まずしっかりうがいをするようにしましょう。

 

暗い話題続きですけど、こんな今だからこそ明るくダイエットするHANDCLAPがブーム。内容や動画を紹介する「コロナ騒動で学校もバイト先も休みな今だからこそアレやってHANDCLAP」を書いていますので宜しければ読んでくださいね。

 

 

致命的なこと

 

厚生労働省が日本歯科医師会にだしている案内なのですが、簡単にいうとマスクは予防で使うのではなく、感染を拡大させないように使いましょうと言ってるわけですね。

 

しかしですよ、みんな心配なので使うわけですよ。

 

我が家はそろそろマスクが無くなろうとしています・・・

 

霞ヶ関の方々も皆さんマスクされてますよね?

 

でも

 

この案内の裏に隠されているのは・・・

 

歯医者さんにマスクが入荷されにくくなっていることなんです。

 

注文しても、ろくに納品されませんし、そもそも業者にも在庫がない状態です。

 

歯医者さんでは歯科助手さんが業者のサイトを監視しており入荷されたと同時に購入なんてことを笑い話ではなくやっています。

 

そしてマスクが入荷されたくなった場合、当然診療はできません。

 

こまります・・・

 

歯の治療は、空気をかけたり、水をかけたりで、飛沫が飛び散る心配をされている方が多くいます。

もっともな心配だと思います。

ただ、その飛沫をあびて感染するリスクが一番高いのは歯医者さんや、スタッフだと思います。

そんな方にマスクが届かないというのはどうかしてますよね。

 

こんな歯医者さんがあらわれました・・・

 

今日は休診にしてスタッフ全員でマスクを買いに行きます。

 

もう業者から納入されないところがではじめているってことなんでしょうね。

 

北海道も大変かもしれませんが、医療従事者にマスクが届かないことも問題じゃないですか?

 

政府は北海道だけじゃなく医療機関にも優先的にマスクを配布したほうがいいのではないでしょうか?

 

歯がいたくなったら夜も眠れません・・風邪と違い虫歯は勝手に治りませんからね。

 

新たな感染経路があるようです。巷で評判になっている予防アイテムもご紹介している記事を『コロナウイルス感染経路の「マイクロ飛沫」とは?空調や空気清浄機に効果はない』に書きましたので読んでいただけると嬉しいです。

 

 

 

マスクだけではなくグローブも不足している!

マスクが不足している状態は相変わらずですが、さすがにマスクを着用しないで治療を行う歯医者さんはいません。

 

マスクを着用しない場合は、どちらかと言うと歯科医院スタッフ側の感染リスクが高いわけです。

 

しかし、最近ではマスク不足だけではなく、グローブ不足も大きな問題となっています。

 

問題となっているツイートをご紹介しますので、十分気をつけてください。

 

もし、グローブを着用していない、または患者ごとに交換していない様子が見られた場合は、一時的にでもいいので別の医院で治療をうけたほうがよさそうです。

 

 

とりあえず、歯が痛くてどうしようもない場合を除いて、あまり積極的に診療をうけないほうがよさそうですね。

 

ちゃんとやっている歯科医院ももちろんあるのでしょうが、グローブを交換しているかは確認してみてください。

 

患者さんへのアピールの一環で、目の前で交換するようにしている歯医者さんは多いので、比較的チェックしやすいと思います。

 

 

 

まとめ

 

今回は「コロナウイルス騒動で歯医者に行くのは大丈夫?危険はないの?」というタイトルでお届けしました。

 

  • 歯医者さんで対応が進んでいる
  • 患者さんの意識や心がけも大切
  • 多くの中国人が日本で歯の治療を行なっている
  • 歯科助手がグローブを換えないことが多い
  • マスクを購入できない歯科医が続出する(かも)
  • 歯医者さんのマスク不足が深刻
  • マスクだけではなくグローブも不足

 

グローブの使い回しが現在問題になっています。治療をうけられる方は確認したほうがよいでしょう。

 

歯医者さんを含め、医療機関のみなさんは感染リスクに立ち向かいがんばって診療いただいています。そんな医療機関にはしっかりマスクやグローブが行き渡るようにしていただきたいと思います。

 

それでは、最後まで読んでいただき有難うございます。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: Content is protected !!