未分類

コロナウイルスの感染経路が不明な裏に隠された咳エチケットの盲点とは

コロナウイルスの感染がとまりません。

 

政府もさまざまな方針を打ち出してはいますが、決定打はないようですね。

 

咳エチケットを呼びかけていますが、なかなか実践されていないようです。

 

現在、咳エチケットを気にしている人たちは、コロナの件がなくとも実践していた人なんですよね。

 

しかし、咳エチケットには感染を拡大させてしまう意外な盲点が存在するようです。

 

なんだか怖い話ですよね。

 

良いと思っていたことが実は感染リスクを高めていたなんて・・・

 

そこで今回は「コロナウイルスの感染経路が不明な裏に隠された咳エチケットの盲点とは」と題して記事を書いてみました。

 

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

コロナウイルスの感染経路と感染方法

コロナウイルスの感染経路としてこれまで言われてきたものは次の通りです。

これまでコロナウイルスの感染方法としてあがったもの

  • 空気感染
  • エアゾル感染
  • 飛沫核感染
  • 接触感染
  • 飛沫感染

 

 

 

ネット上でも様々な憶測が飛び交っていましたが、ここへきて感染経路が絞り込まれてきたようです。

 

感染しない経路を続いて紹介します。

 

スポンサーリンク

否定されているコロナウイルスの感染経路

コロナウイルスに関しては空気感染はないと言われています。空気感染とは人の口から飛沫としてウイルスが飛び出すのではなく、ウイルスのみが飛び出し浮遊することで別の人に感染することを言います。

 

エアゾル感染は、医療現場で患者に気管内挿管を行うときなど、とても特殊な環境だけで発生すると言われていますので日常的に発生する物では無さそうです。

 

エアゾル感染と混乱されていたものとして飛沫核感染があります。

 

飛沫と一緒に人間の口から放たれたコロナウイルスから飛沫部分が乾燥し、ウイルスのみが浮遊して感染するというものです。

 

コロナウイルスの場合、ウイルスのみが生存することが難しく飛沫核感染も否定されています。

 

スポンサーリンク

肯定されているコロナウイルスの感染経路

接触感染飛沫感染は肯定されていますので十分に注意する必要があります。

 

接触感染とは、ウイルスを含んだ飛沫に触れた手で目や口を触ることで感染するもので、飛沫感染とは、感染者の咳などが直接目や口に入ることで感染するものです。

 

そのために政府は咳エチケットを呼びかけています。

 

スポンサーリンク

咳エチケットとは

 

  • マスクを着用する
  • ティッシュ・ハンカチなどで鼻や口を覆う
  • 上着の内側や袖で覆う

 

正しく実行されれば良いのですが、正しく実行しない人も多いのではないでしょうか。

 

相変わらず、マスクをせずに咳やくしゃみをしている人を見かけます。

 

流石に咳やくしゃみをするときは手で覆っているようですが、その手でつり革などを触るのでしょうね。

 

また、上着の内側で覆うというのもあまり普及してない感じがしますね。おじさんは結構やってますが、女性でやってる人を見かけません。

でもですよ、咳エチケットの実施を呼びかけることでりすくが増大するんじゃないかと心配しています。

 

スポンサーリンク

咳エチケットの呼びかけで感染拡大?

 

咳エチケットの呼びかけで3番目の『上着の内側や袖で覆う』ことを実行する人が増えるのではないかと思います。

 

すると通勤電車の中や、オフィスのコートハンガー他の人の衣服やコートと接触します。

 

そしてその部分を触って感染すると言う接触感染が発生するのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

やっぱりマスクの着用が有効

 

とにかくマスクを着用することが感染防止には一番だと思うんですよね。

 

と言うと、『そんな事言ったってマスクが売ってないんだよ』と反論されそうです。

 

無いものは作るしか無い訳で、私も予備があまり無くなってきましたのでマスクを手作りするようになりました。

 

 

手作りマスクなんてだめでしょ

 

コロナウイルスの大きさは1万分の1mmです。花粉の3分の1です。とても防げる気がしませんよね。

 

ですが、すでにお伝えしたように、空気感染や飛沫核感染はしませんので、ウイルスが含まれる飛沫のみ防げばいいのです。

 

ただ、洗って何度も使うタイプは感染リスクが高まりますので、手作りするとしても使い捨てのものが推奨されています。

逆に高性能なものは逆にリスクご高まると言われています。息苦しくなり外してしまうからなんだそうです。

 

高性能なものは価格も高いですから財布にも厳しいですよね。

 

手作りマスクのメイキング動画を撮りしたので参考にしてください。ご利用の際は自己判断でお願いいたします。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シルコット ウェットティッシュ 除菌 アルコールタイプ 99.99除菌 詰替 320枚(40枚×8)
価格:4980円(税込、送料無料) (2020/4/14時点)

楽天で購入

 

 

 

地面に落ちた飛沫付きコロナウイルスの飛沫だけが乾燥し、ウイルスが空気をただようので、そういう細かな粒子は安物マスクでは防げないと言っている方がいますが、政府が「飛沫核感染」はないと断言しています。

WHOも、その他のコロナウイルスについて得られている知見から、新型コロナウイルスも物体の表面では長期間生残できないと述べています。

対策は

 

とにかくウイルスを家に持ち込まないことが重要ですので、帰宅したら玄関でコートなどを除菌してください。

私は毎日行っています。

 

もちろん、手の消毒や手洗い、うがいも大切ですよね。

 

ところで除菌スプレーも品薄なんですよね。

 

予防するにもマスクや、こう言ったものが購入できないことは問題です。政府には速やかに対応してほしいですね。

 

まとめ【コロナウイルスの感染経路が不明な裏に隠された咳エチケットの盲点とは】

 

今回は「コロナウイルスの感染経路が不明な裏に隠された咳エチケットの盲点とは」というタイトルでお届けしました。

 

咳エチケットはとても大切ですが、形だけ実施してもリスクがあるということをお伝えしたいと思いました。

 

政府の言っている方法できちんと実践し、かつウイルスが付着していそうな場所は除菌することが大切だと考えます。

 

  • コロナウイルスの感染経路ではないものは「空気感染」「エアゾル感染」「飛沫核感染」
  • コロナウイルスの完成ん経路は「接触感染」「飛沫感染」
  • 咳エチケットは正しく実行
  • 結局はマスク着用が大切
  • 手作りマスクは効果あり
  • 使い捨てでないマスクは感染リスクあり
  • マスク自作動画を紹介

 

それでは、最後まで読んでいただき有難うございます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事 - Related Posts -
error: Content is protected !!