デジタル漫画

デジタル漫画を始めるにはiPadとApple pencilがおすすめです

最近ではパソコンやタブレットの普及もありデジタルで漫画を書くということがメジャーになってきたと感じています。

そんな私もデジタル漫画を趣味にして2年、1からデジタル漫画をはじめました。

そこで、ここでは「デジタル漫画って何?」「やってみたいけど本当に私でもできるのかな?」と悩んでいる方にデジタルマンガのご紹介をしていきたいと思います。

是非参考にしてイメージして見てください。

まずは必要な道具から紹介していきます。

スポンサーリンク

おすすめの道具をいきなり紹介します

次の道具がデジタル漫画を描く最適の構成です。

iPad

Apple pencil

CLIP STUDIO PAINT

初心者にとって、これ以外の選択肢はありません!

スポンサーリンク

iPadをおすすめするわけ

iPadはリビング、寝室、書斎など、どこへでも持ち運べ、そして何処ででも漫画を描くことができます。外出先にだって持ち出せます。

この何処へでも持ち運べるというのが初心者には最適なんです。

漫画を描こうと思うんだけど、パソコンまで行くのは面倒だなぁ・・・ということはよくあります。

私は以前、そんなことで一時期漫画をやめてしまったことがあります。

iPadにしたことで、以前よりはるかに継続しやすい環境になったと感じています。

あ、新しいキャラ思い付いた!描いてみようかなという時に、手元に漫画が描ける環境があるんです。

これは本当にすごいことです。

ところで、Windowsタブレットも持ち運べるけど、なんでiPadなの?と不思議に思う方がおられるかもしれません。

漫画は拡大・縮小したり、回転させたりして描き上げます。

そしてこれは1コマ描く最中にも数十回繰り返し行われる動作です。

iPadだけは、これを画面を指で触るだけで行うことができるんです。

まさに紙に漫画を描いている感覚なんです!

一度さわってみるとこの良さがすぐにわかると思います。

ぜひ体験してみてくださいね。

最後に注意点があります。iPadを購入する時はストレージが大きめのモデルを購入した方がいいと思います。

イラストや漫画を描いていくと結構ストレージを消費します。

私は2年弱使用していますが、ストレージは約80GB消費しています。

無駄な写真もいっぱいありそうですが・・・

スポンサーリンク

iPadを使うならApple pencil

漫画を描くにはペンが必要です。

このペンのことをスタイラスペンと呼ぶようです。iPadで使用するなら、Apple pencilがおすすめです。

私も愛用しています。

Apple pencilはそれなりの重量があるのですが、この重さが絵を描きやすくしてくれていると感じます。

最大の魅力は、ペン先と線にズレが全くないことです。まさに紙に鉛筆で線を引いている感覚です。同じソフト(CLIP STUDIO PAINT)を使っていても、パソコンと液晶タブレットの構成では、ペン先と線に若干のずれが生じますので紙に鉛筆で描いたような感覚にはなりません。

スポンサーリンク

まとめ

漫画を描くためにオススメな道具として、ipadとApple pencilを紹介させてもらいました。

次はいよいよペイントアプリ(CLIP STUDIO PAINT)の紹介にうつりたいと思います。

最後まで読んでいただき有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク