エンタメ

大城和恵さんの経歴がすごい!プロフィール・結婚が気になる【情熱大陸動画】

大城和恵さんが9月8日に放送される「情熱大陸」に出演されます。

 

登山者の命と向き合う山岳医である大城和恵さんは、「山での遭難者を助けたい」そんな思いで富士山8合目に診療所をかまえています。

 

近年の登山ブームで登山者は増加しているものの、それと比例して山岳事故も増加しています。

 

山岳事故と言っても、高山病・脱水症状・熱中症・低体温症・骨折・捻挫などなど、様々なケースがあるのですが、これらを大城和恵さんはお一人で対応されています。

 

また、いつ事故が発生するかわかりませんし、看護師などいませんから、治療中の患者の経過観察も全て一人で行わなくてはいけません。

 

「今日は休診ですので明日きてください」

 

「あー、それは外科に行ってください」

 

「何かありましたら、ナースコールしてくださいね」

 

「今日の当直当番誰だっけ?」

 

こんな当たり前の光景が全く通用しない世界・・・

 

そんな世界で奮闘する大城和恵さんが「情熱大陸」でご自身のこと、お仕事のことを語るということで、すごく楽しみですよね。

 

今回は、番組で紹介されないであろう「エピソード」や「結婚されているのかどうか」などを調査しました。

 

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

大城和恵さんのプロフィール

 

名前:大城 和恵(おおしろ かずえ)

生年月日:1967年(2019年現在で52歳)

出身:長野県長野市

大学:日本大学医学部

職業 医師

 

日本大学医学部を卒業されてからは、日本大学の付属病院に内科医として勤務されました。

 

2011年に山岳外来を開設したことがきっかけで日本テレビの「世界の果てまでイッテQ!」登山部企画に参画することとなります。

 

基本的には素人を安全に登山させるミッションですが、何と言ってもテレビ番組ですから、「安全に安全に」では面白みに欠けるということで、多少のリスクはあったのではないでしょうか?

 

完全なる私の想像ですが、制作側との衝突もあったのではないかと思います。

 

とはいえ、登山者のことを思うと「じゃー勝手にすれば?」とも言えず、ご苦労されたのではないかと思います。

 

そんな大城和恵さんの経歴も調べましたが、特に三浦雄一郎さんの「南米大陸最高峰アコンカグア アタック」の時のエピソードがしびれますのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

大城和恵さんの経歴がすごい!

 

三浦雄一郎さんの登山チームのドクターとしても活躍されています。

 

2019年1月21日の南米大陸最高峰アコンカグア(標高6961メートル)の登頂とスキー滑降をめざしていたプロスキーヤー三浦雄一郎さん(86)が登頂を断念して下山を始めたのも、大城和恵さんの判断によるものでした

 

三浦雄一郎さん自身は、頂上を目指す自信も体力もあると言っておられましたが、最終的には「僕自身、頂上まで行ける、という自信はありましたけど、やはり周りで見ての状況、特に大城医師の判断ということで従うことにいたしました」と事務所に伝えていました。

 

そこは、標高6000m地点のキャンプ。

 

大城和恵さんもそこにいました。

 

6000mまで登る事だけでもすごい事なのに、そこで診療をするってどれだけすごいんですか!

 

また、頂上まで残り約1000m弱。

 

ご本人の三浦さんは行きたいと言っている。

 

そして、このプロジェクトには莫大な予算が投下されており、利害関係者も多いと思われますが、そんな中、NOの決断ができるって・・・凄すぎます。

 

チームからの信頼は絶大だったんですね。

 

この時のお話も情熱大陸で聴けるといいなと個人的には思います。

 

大城和恵さんが常に口にされている言葉「登山は無事に戻ってきてこそ成功」

 

本当にその通りだと思います。

 

これは、大城和恵さんの経歴のひとつにすぎません。

 

今後の活躍にも注目ですね。

 

 

 

大城和恵さんは、安全に登山を楽しむために、とっても重要なことなのに、おろそかにされがちなことや、お医者さんからの視点で書かれた様々なことがわかりやすく書かれたご本を出されています。

 

山岳医の大城和恵さんが書いた安全登山の作法書の書評記事を「情熱大陸に登場「大城和恵」の仕事「山岳医」とは?著書「登山外来へようこそ」書評・感想」に書きましたので、よろしければ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

大城和恵さんは結婚しているの?

 

以前の取材でこんなことを言われています。

ただ、子供が欲しかったので、それだけは残念ですね。

だったら、若いときに妊娠しておけばよかったかというと、それもタイミング。

今のパートナーと10年前に出会っていたら子供を作っていたでしょうけど、思うようにいかないのが人生。

将来はフランスとイタリアの国境の町で山登りをしながら暮らすのもいいかなとか、いろいろと夢を描いています。

引用:joy.net

 

「若い時に妊娠しておけばよかった」とおっしゃっています。

 

ですから山岳医になる前(2005年ぐらいの時期)はパートナー(おつきあいしている方)がおられたのですね。

 

2005年といえば勤務医として働き始めて3年後のこと。

 

ちょっと仕事にも慣れて恋愛する余裕も出てくる頃ですね。

 

また、「今のパートナーと10年前に出会っていたら」と言われていますので、現在は良い感じのパートナーがいる感じですね。

 

今回は正確な情報を探せませんでしたので、過去の記事に基づいた私なりの解釈となります。

 

ただ、大城和恵さんは非常にアクティブな方なので、結婚とかそういうことはどうでもいいんだろうなと個人的には思いました。

 

スポンサーリンク

情熱大陸 9月8日放送

 

 

 

 

スポンサーリンク

番組出演に関する世間の反応は

 

 

もっとたくさんの応援メッセージがツイートされていました。

 

私も放送を楽しみにしたいと思います。

大城和恵さんの経歴がすごい!プロフィール・結婚が気になる【情熱大陸動画】

 

富士山8合目に診療所を構えて、たった一人で登山者の命を救っています。24時間休みなし!そんな壮絶な現場が番組では紹介されるものと思われます。

 

「世界の果てまでイッテQ!」や三浦雄一郎さんの登山チームドクターとして過酷な現場で医療をされています。

 

「登山は無事に戻ってきてこそ成功」がジンときます。

 

結婚されているかの情報は探せませんでしたが、過去の取材記事に基づいた私なりの解釈では良いパートナー(恋人など)はいるようですが、結婚はされていないものと思われます。

 

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事 - Related Posts -