エンタメ

キンコン梶原雄太が100万人越え!なんでカジサックなの?成功の秘訣をヒカルが解説!本気でやったことも調査

キングコングの梶原雄太さんは、2018年10月にチャンネルを開設して約10ヶ月で、Youtubeのチャンネル登録者数を100万人以上に増やしました。

 

2019年末までに登録者数が100万人に届かなかったら芸人を引退する」と公言してスタートして周りからは無謀との声も上がったが、見事達成してみせた形です。

 

以前、別の記事で「芸能人Youtuber」の記事を書きましたが、100万人を超えている芸能人は非常に少ないです。

 

なぜ成功したのか、どんなことをやってきたのかなどを調査しましたので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

キングコングの梶原雄太さんのプロフィール

https://twitter.com/chocomero_06/status/1167574408602382336?s=20

 

名前:梶原 雄太(かじわら ゆうた)

 

生年月日:1980年8月7日

 

職業:漫才コンビ・キングコングのボケ担当(相方は西野亮廣)

 

所属:吉本興業

 

体重:48キロ

 

血液型:B型

 

カジサックの活動開始:2018年10月1日

 

スポンサーリンク

キングコングの梶原雄太さんがYoutuber「カジサック」と名ずけたわけ

 

あまり意味はないようです。

 

指サックのような感じで言いやすい、覚えてもらいやすいと言うのが理由なようです。

 

同じYoutuberのラファエルさんに自己紹介したところ、SEO的にはアウトな名前ですねとダメ出しされていましたが、そんなの関係ありませんでしたね。

 

でも、実際に覚えやすいですから、戦略は見事当たりましたね!

 

スポンサーリンク

キングコングの梶原雄太さんがYoutubeで成功したわけをトップYoutuberのヒカルさんが解説!

 

多くの芸人が片手間でやっていたYoutube運営を本気でやったからと言う理由が一番説得力があります。

 

なぜ本気で取り組んだかと言うと、「それほど追い詰められていたから」と言うことでしょう。

 

コンビを組んでいる西野亮廣さんは、絵本作家として大成功を収めていますし、世の中から注目を集めている起業家となっています。

 

そんな姿をまじかで見れば焦らない方がどうかしてます。

 

そして、なんと2019年末までにチャンネル登録者数が100万人を超えなければ芸人を引退する発言までして自分自身を追い込んでいきました。

 

普通は追い込むと言っても、誰にでもできることではありません。

 

いつも目標だけは立てるのですが、大抵は達成しないで終わる私は本当に情けないと思いますし見習いたいですね。

 

最後に、トップYoutuberのヒカルさんが成功の要因をズバリ解説してくれましたのでご紹介します。

 

https://twitter.com/moena_karupin/status/1166640224442601472?s=20

 

ヒカルさんが、100万人突破記念として焼肉店「牛牛」でカジサックさんと会食した時に言われたことです。

 

チームで動いていた

 

ファミリー感を出していた

 

チームで動いたことについては、キングコングの活動もあったため、一人でYoutuberとして活動することは最初から諦めていたそうです。

 

忙しいから無理!ではなく、しっかり工夫し、対策をたてたことが功を奏したようですね。

 

それから、ファミリーを前面に出したことについては、奥様の「ヨメサック」に感謝していました。

 

https://twitter.com/kajieriko/status/1144170365544828928?s=20

 

内助の功は素晴らしいですね。

 

最後にざっくりまとめると

 

カジサックさんの「人徳」が成功をもたらしたのだと思います。

 

他人の力をしっかり借りて成功するタイプですね。

 

スポンサーリンク

キングコングの梶原雄太さんがYoutube成功のためにやったこと

 

学びがすごいです。

 

芸人はYoutuberのことを下に見ていると言う話は有名ですが、カジサックさんは、相手を立て先輩から学ぶと言う姿勢で真剣に取り組まれていました。

 

これって簡単そうに見えて、なかなか出来ないことですよ。

 

あとは言い訳せず、やれと言われたことは思考停止してやる。

 

チャンネルのネタになることはなんにでも挑戦する。

 

何より、チャンネルの品質がいいので、私たち視聴者は安心して見ることができます。

 

そう言う意味では、師匠のラファエルさんのチャンネルの方が安心して見れませんよね、、、特に子供は。

 

なのでBANされたんでしょうけど。

 

何よりすごいのは、梶原雄太さんは「カジサックの部屋」(チャンネル名)では絶対にカジサックであり続けています。

 

自分のメディアなので、自由にできるわけで気が緩むこともあるかもしれません。

 

そう言うことがないところがすごいですね。

 

ちなみに「毎週キングコング」では、芸人キングコングの梶原雄太さんなので、明らかにキャラが違います。

 

こちらの梶原雄太さんは結構好き嫌いが分かれるのではないでしょうかね。

 

スポンサーリンク

世間の評判

 

 

 

梶原雄太が100万人越え!なんでカジサックなの?成功の秘訣や本気でやったこととは? まとめ

 

最後にまとめてみました。

カジサックと言う名前は、呼びやすく「指サック」のように親しみやすいから自身で名付けた。

チャンネル運営に関して、最初からサポート体制を敷いた。

成功の半分はヨメサックのおかげ

他人をうまく巻き込んで進化してきた

 

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事 - Related Posts -
error: Content is protected !!