未分類

唐田えりかの金魚姫出演に非難が殺到!NHKがドラマを放映した訳

東出昌大との不倫が報じられた唐田えりかが29日にNHKBSプレミアムのスペシャルドラマ「金魚姫」に出演した。

 

今年1月に不倫騒動が報じられて活動を自粛して以来、2か月半ぶりのドラマ「金魚姫」出演となった。

 

このドラマは不倫報道より前に撮影されていたようだが、視聴者にとったらそんなことはどうでもいいこと。

 

NHKは視聴者の感情を逆撫でするようなドラマ放映をしたのか?

 

そこで今回は「唐田えりかの金魚姫出演には非難が殺到!NHKがドラマを放映した訳」と題して記事を書いてみました。

 

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

 

金魚姫のあらすじ

 

仕事も恋もうまくいかない主人公・潤(志尊淳)。

絶望したある夜、橋の欄干から身を乗り出そうとしたそのとき、不思議な祭ばやしを耳にする。

吸い寄せられるように行き着いたのは、金魚すくいの屋台。

そこで1匹の美しい金魚・琉金(りゅうきん)を手に入れ、家で飼うことに。

実はそれは、金魚に身をやつした美女で、突然人間の姿に変わり潤の目の前に現れる。

リュウ(瀧本美織)と呼ばれることになった彼女は、伝説の黒らんちゅうを探し求めており、潤に一緒に探すよう協力を求める。

奇妙な同居生活を通して距離を縮めていく2人。

そこに、母・真由美(仙道敦子)の再婚相手で義父の長坂(國村隼)の思惑がからみあい、彼らの運命は思わぬ方向に進んでいく・・・。

引用:NHK公式サイト

 

『金魚姫』は、荻原浩さんによる長編小説です。

 

 

 

スポンサーリンク

唐田えりかの役どころ

 

唐田えりかさんは、主人公の元カノ役で出演しています。

 

「亜結」という役柄で主人公とからみます。

 

ちょっと東出さんとのスキャンダルを思い出してしまうような役所でしたね。

 

ちょい役ではないため、もし唐田えりかさんの出演箇所をカットすると大変なことになるだろうと想像がつきます。

 

スポンサーリンク

NHKが唐田えりかの出演箇所をカットせずに放映した訳

カットせずに放映した理由はいくつか考えられます。

 

その1

NHKはスポンサー収入を得ていませんので、スポンサーのイメージダウンなど企業の都合を考慮する必要がないのではと思われます。

沢尻エリカさんのように薬物は違法行為ですので黙認できませんが、それと比較して問題なしとNHK内では判断したのかもしれません。

その2

NHKはテレビ(受信機)のある家庭から受信料という名の税金のようなものを徴収しています。

ドラマの一部を撮りなおすということは、この受信料をさらに使用することとなり視聴者のためにはならないだろうと判断したのかもしれません。

その3

完全に憶測ですが、ベッキー を復帰させたのもNHKですし、不倫などの事案についてNHKはある程度寛容なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

世間の反応

 

 

スポンサーリンク

まとめ【唐田えりかの金魚姫出演には非難が殺到!NHKがドラマを放映した訳】

 

今回は「唐田えりかの金魚姫出演には非難が殺到!NHKがドラマを放映した訳」というタイトルでお届けしました。

 

  • NHKドラマは金魚姫
  • NHKドラマに出演したことで非難殺到
  • 唐田えりかさんを擁護する意見も多かった
  • 唐田えりかさん出演箇所を差し替えなかった訳を書いてみました
  • 今後も自粛は続くのかどうかを見守りたいですね

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事 - Related Posts -