スポーツ

織田信成が浜田美栄コーチにモラハラしてるように感じるが訴えたもの勝ち?

フィギュアスケート男子で10年バンクーバー五輪代表の織田信成元選手が陰口などのモラル・ハラスメントを受け体調を崩し関大アイススケート部の監督辞任に追い込まれ、浜田美栄コーチに1100万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴していますね。

 

モラハラなど、ハラスメントは絶対にあってはいけないことなので毅然とした行動にでることは良いことだと思いますが、今回の件はちょっと違和感ありますね。

 

そこで今回は「織田信成が浜田美栄コーチにモラハラしてるように感じるが訴えたもの勝ち?」と題して記事を書いてみました。

 

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

織田信成元監督がモラハラで浜田美栄コーチを訴えた背景

11/18に日刊スポーツから「織田信成氏「監督で偉そうに」浜田Cのモラハラ提訴」という記事がでました。

 

織田信成元監督が世間に訴えた内容としては次の通りです。

 

  • 「(織田氏が)監督に就任してから、偉そうになった」などと陰口をたたかれた。
  • 学力向上などを目指して練習時間の変更に取り組むと、無視された。
  • 関大が退任理由を「多忙」と説明したたことに不信感を抱いている。
  • リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになった。
  • 「あんたの考えは間違っている」と激高された。
  • あいさつしても無視されたりするようになった。
  • 一番権力や発言力があり、コーチの話に自分も含め誰も何も言えない状態だった。
  • 17年3月ごろから、あいさつしても無視された。

など。

 

リンクに入るだけでめまいや吐き気をもよおすというのは完全に鬱状態になっているものと思われます。

 

そうなると、ハラスメントを受けたと「本人」が感じていたのは事実ですね。

 

こういった問題は受け側の気持ちが優先されるべきですから。

 

よってコーチからのハラスメントがあったことは事実なのでしょう。

 

私は関係者でもなんでもありませんので、そこに異を唱えるつもりはありません。

 

ただ、もっと根本的なところに違和感を感じます。

 

スポンサーリンク

同様の事例はサラリーマンの世界でもたまにあること

 

前職で優秀だったプレイヤーがヘッドハンティングされマネージャーに就任したとたんに業績が落ちる。

 

こういったことはたまに起こります。

 

原因は簡単で、部下とのコミュニケーション不足で組織が機能不全をおこします。

 

新マネージャは、大抵つぎのようなことをやってしまい部下から反感をかいます。

 

  • 自分のやりかたを押し付ける。
  • これまでのやり方を尊重せず、一方的にやり方をかえる。
  • 部下をリスペクトせずに上司の自分が偉いと勘違いする。

 

ちょっと気になる発言としては、4月にコーチから「監督になってから偉そうになった」と言われています。

 

あくまでも個人的な感想ですが、上のいずれかをやってしまったのではないでしょうか。

 

だとすると、それ自体が織田信成がコーチに対してモラハラを行ったと言えなくもありません。

 

しかも立場は浜田美栄コーチよりも織田信成元監督のほうが上なわけですから。

 

スポンサーリンク

ハラハラではないのか?

こんなハラハラなら、まだいいのですが・・・。

 

ハラスメントをたてに攻撃することを「ハラハラ」というそうです。

 

裁判ではこの辺りを追求されるでしょうね。

 

上司として適切に対応していたにもかかわらず、ハラスメントを受けていたのであれば、完全勝利でしょうが、下記のような行為がコーチに対してあったとしたら、完全勝利とはいかないでしょうね。

 

  • 自分のやりかたを押し付ける。
  • これまでのやり方を尊重せず、一方的にやり方をかえる。
  • 部下をリスペクトせずに上司の自分が偉いと勘違いする。

 

ただ、今回のことをシンプルに考えてみると・・・。

 

スポンサーリンク

おもしろくない!

 

まあ、シンプルに考えると「30歳も若い上司がやってきておもしろくない」ということなんでしょう。

 

ただ、上に立つものとして「こんな考え」もあるのだと配慮してほしかったですね。

 

結果として、シーズン中にこんなゴタゴタおこして、もし選手が体調不良や実力が発揮できなかったらどうしますか?

 

織田信成元監督が選手に対してモラハラしたことになりませんか?

 

選手のことを一番に考えるのが監督だと思います。

 

厳しい言い方をさせていただくと、大学の対応が遅くてこのようなゴタゴタがシーズン中になってしまったと「人のせい」にしている段階で監督の器ではないのではないでしょうか。

 

もちろん織田信成さんは人・選手としてはとても魅力的で才能がある方だと思っています。

 

選手のことを一番に考えるなら別の方法もあったのではないでしょうか。

 

動画のような感じで「おもしろくない」話を面白くしてくれる片腕がいればよかったんでしょうね。

 

スポンサーリンク

まとめ【織田信成が浜田美栄コーチにモラハラしてるように感じるが訴えたもの勝ち?】

 

今回は「織田信成が浜田美栄コーチにモラハラしてるように感じるが訴えたもの勝ち?」というタイトルでお届けしました。

 

織田信成元監督は、しょっぱなから思い切りボタンを掛け違えてしまった感がありますね。

 

織田氏は「フィギュアスケート界の悪弊へ一石を投じる思いで提訴に至った。裁判を通じ事実を明らかにしていきたい」とのコメントを出していますので、その内容を待ちましょう。

 

それでは、最後まで読んでいただき、有難うございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事 - Related Posts -