エンタメ

PRODUCE 101 japan の視聴方法と放映日は?練習生は?不正対策は?を調査

韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送された、視聴者がアイドルのデビューメンバーを選抜する人気オーディション番組『PRODUCE 101』。

 

その日本版となるボーイズグループメンバーを決める“サバイバル”オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』が始まります。

 

プロデューサーは我々国民!

 

そして最終メンバーを決める番組が12月に大々的に放送される。

 

PRODUCE 101 JAPANってどんな番組なの?

 

視聴方法と放映日は?

 

練習生にはどんな子がいるの?

 

外国人はいるの?

 

などが気になったので調査してみました。

 

最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

PRODUCE 101 JAPANとは?

 

TBS系列で25日から放送、無料動画配信サービス『GYAO!』で26日から配信されることが決定し、あわせて、番組に出演する101人の練習生がお披露目されました。

 

最終的に11人が選ばれ、グローバルで活躍するボーイズグループが誕生し、2020年のデビューを目指します。

 

具体的には2020年2月にデビューするようです。

 

また、TBSでは、最後の11人のメンバーを決める最終決戦を12月に大型特別番組として生放送します。

 

PRODUCE 101 JAPAN のパフォーマンス動画がありますのでご紹介します。

 

 

 

ナイナイのお二人が代表プロデューサーをされるそうです。

 

いわゆるMCですね。

 

岡村さんは「我々視聴者全員が投票できるってことですよね!?」とおっしゃっています。

 

投票方法などが明らかになりましたら、追加でお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

PRODUCE 101 JAPANの視聴方法と放映日は?

TBS系列で25日に放送( 深0:01~1:00 )

 

むちゃくちゃ深夜ですね・・・

 

その後は、無料動画配信サービス『GYAO!』で26日から配信されます。(全12回)

 

そして2019年12月に最終決戦がTBS系列で大々的に放送されるそうです。

 

すなわち、TBS系列での放送は最初と最後ということですね。

 

スポンサーリンク

PRODUCE 101 JAPAN練習生にはどんな子がいるの?

 

PRODUCE 101 JAPAN練習生全員大紹介動画です。

 

中本大賀くん、挨拶の時にかんでしましましたが、ういういしくてよかったですよ。

 

ある意味目立ってよかったかもしれないですね。

 

当たり前ですけどイケメン揃い。

 

さすが、韓国からの輸入番組なので、練習生には韓国の方も数名いましたね。

 

ユニフォームが違うのはクラスわけされているからなんですね。

 

スポンサーリンク

PRODUCE 101 JAPANの不正対策はバッチリ?

 

 

不正が疑われて、せっかく勝ち残ったメンバーがデビューできないのは悲しいことです。

 

あとで、そんなことにならないように万全の対策を実施して欲しいですね。

 

ちなみに韓国版は、得票数の規則性が問題となり、不正が発覚したそうですね。

 

スポンサーリンク

PRODUCE 101 JAPANの世間の反応は?

https://twitter.com/kpop78895784/status/1150762451853463552?s=20

 

6000人の応募があったようですね。

 

そしてページを閲覧したのは、その千、数万倍、、、もっとかもしれません。

 

サーバがダウンするほど注目されていますね。

 

 

どこまでやってくれるんだろうと言う、期待と不安が入り混じった反応が多かったようです。

 

 

PRODUCE 101 japan の視聴方法と放映日は?練習生は?不正対策は?を調査 まとめ

 

視聴方法は、TBS系列と無料動画配信サービス『GYAO!』で視聴できます。

 

放送日は、初回がTBS系列で9月25日( 深0:01~1:00 )

 

その後は、無料動画配信サービス『GYAO!』で12回放送されます。

 

最終回は、TBS系列で放送されます。時間帯はまだわかっていません。

 

練習生紹介動画をご紹介させていただきました。

 

不正対策については、どれぐらい実施しているのかわかりませんでしたが、きっちり行って欲しいですね。

 

どんな11人が選出されるのか!

 

楽しみですね!!

 

最後まで、読んでいただき有難うございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事 - Related Posts -