エンタメ

田辺マミ・福永小雪が語るバウムクーヘンとバームクーヘン違いやwiki!明日買いたくなる!【マツコの世界】

8/27に放送される「マツコの知らない世界」にバウムクーヘンマニアの「田辺マミ」さんと「福永小雪」さんが登場します!

 

「田辺マミ」さんと「福永小雪」さんはバウムマニア9000人の頂点に君臨しているんだそうです。

 

どちらかというとマミ様が会を牛耳っておられます。

 

どうしてそんなにバウムクーヘンを愛しているんでしょう?

 

このお二人は普段何をされている方なんでしょうか?

 

普通の専業主婦って感じはしませんが、気になったので調べてみました!

 

そんなに美味しいなら食べてみたいじゃないですか。

 

どこで買えるかなども合わせて調査してみましたので、よろしければ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

福永小雪さんのプロフィール

 

残念ながらwikiはありませんでしたので、独自に調査しました!

 

住所:山口県

 

ハンドル名:おちゃち

 

年齢:49歳

 

バウムクーヘンとの出会いは、15年前に「ヴィヨンのバウムクーヘン」に衝撃を受け、バウムにはまります。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

先日、バウムクーヘンマニアの男性のたかと結婚されました!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

おめでとうございます!!

 

旦那様の名前は、宏史さんとおっしゃいます。

 

ところが、田辺マミさんには報告していなかったらしく、、、、

 

抜け駆け婚でしょうか?

 

どうも、田辺マミさんは独身のようですね。

 

ツイッターはこちら → @0chachi

 

ツイッターでは、バウムクーヘンに関する様々な情報を発信されています。

 

 

ツイッターを見ると、バウムクーヘンのことしか考えてないんじゃないか?と思うぐらい、バウムクーヘン愛に溢れています。

 

スポンサーリンク

田辺マミさんのプロフィール

 

残念ながらwikiはありませんでしたので、独自に調査しました!

 

ハンドル名:かしっくす (多分、お菓子の「かし」ですねっ)

 

年齢:50歳

 

住所:わかりませんでした

 

バウムクーヘンとの出会いは、25年前に大学で化学の実験中「バウムクーヘンの無限の輪の魅力」にはまり、抜け出せなくなっているとのことです。

 

大学時代のマミさんはむちゃくちゃ美人です!

 

お仕事については、福永小雪さん、田辺マミさん共に何をされている方なのかわかりませんでした。

 

引き続き、調査しますね!

 

ところで、どうして9000人なのでしょう。

 

福永小雪さんと田辺マミさんは「バウムクーヘン三昧」というウェブサイトを運営しています。

 

その登録者数が現在は約9000人だからなんですね。

 

でも、ウェブサイトのタイトルは「1万人突破!」のお祝いをしている写真なので、どうやら1000人減ってしまったようです。

 

お二人は、バンドをされていて、その仲間と「バウムクーヘンの歌」を製作されました。

 

どんな歌か気になりますよね?

 

個人的には、あまり興味を持たなくてもいいと思います。

 

スポンサーリンク

バウムクーヘンとバームクーヘンの違い

 

予告では、「バウムクーヘン」と「バームクーヘン」の違いがわかりますか?

 

とおっしゃっていましたので、調べてみました。

 

わからないことはグーグル先生に聞け!ということで・・・

 

バウムクーヘンの検索件数は、約 10,300,000 件でした。

 

一方、バームクーヘンの検索件数はというと、約 7,640,000 件でした。

 

双方、検索されているようです。

 

ネットには、次のような情報がありました。

 

日本では、「バウムクーヘン」と「バームクーヘン」の表記の違いが話題になることがありますが、もちろん両者には特別な違いはありません。

 

ドイツ語では「Baumkuchen」と表記するため、よりドイツ語の発音に近づけて表記する際は「バウムクーヘン」としているに過ぎません。

 

なるほど。

 

「イエスタデイ」と「イエスタデー」みたいなものなんですね。

 

ただし、本国ドイツでは明確な違いがありますので、その定義をご紹介します。

 

国立ドイツ菓子協会の「バウムクーヘン」の定義

・材料には「ベーキングパウダー」を使用しない

・油脂はバター以外のものを使用しない

・バター、小麦粉、佐藤1に対して卵を2とすること

 

スポンサーリンク

バームクーヘンにはないバウムクーヘンの魅力

 

職人の人生を引き立たせるコゲ

 

通常のコゲではなく、「おこげ」のようなコゲの塊がある。

 

このコゲはわざと作るそうですよ。

 

しかし、この焼き方をするためには350度のオーブンの前で手作業で作るしかありません。

 

1本焼くのに約1時間かかりますので、かなり過酷な作業と言えるでしょう。

 

バウムクーヘン職人は寿命を縮めるとも言われています。

そして、このバウムクーヘンを食べられるお店は、京都にある2007年創業の「ズーセス ヴェゲトゥス」です。

店主は「森 美香」さん 56歳です。

かなり気が強そうです・・・

商品名は、「はちみつバウムクーヘン」で2,365円です。

 

バウムクーヘンを食べる時は、甘くない「ストレートティー」のような飲み物が合うようです。

 

最高のしっとり感の明かり「へこみ」

 

このタイプのバウムクーヘンを食べられるのは以下のお店。

「洋菓子工房 年輪舎」 北海道。

商品名は、「手焼きバウムクーヘン」 2,400円 (Lサイズ)

店主は「佐藤 良平」さん 45歳

 

1977年創業の「カーべ・カイザー」 兵庫県。

商品名は、「バウムクーヘンクラシック」 5,832円

店主は、伝説のバウム職人「大隅 稔雄」さん

 

1日1本しか焼けない幻のバウムクーヘンがこちら!

「デルベア」 奈良県。

商品名は、「自然のバウムクーヘン」 3,888円

店主は、「熊倉 真次」さん 55歳

 

 

スポンサーリンク

ちょっと邪道なバウムクーヘン(おまけ)

 

福永小雪さんがツイッターでつぶやいておられましたが、バウムクーヘン揚げなるものがあるようです。

 

しかも、結構メジャーで探せば食べられるお店はたくさんあるようです。

 

お味はどうなんでしょう?

 

https://twitter.com/koraku_D3LLDI/status/1114842323106455552?s=20

 

 

美味しいようですよ。

 

まとめ

 

バウムクーヘンマニアの頂点に君臨する「田辺マミ」さんと「福永小雪」さんを紹介させていただきました。

 

お二人はツイッターやウェブサイトでバウムクーヘンに関する情報を発信しておられます。

 

バウムクーヘンとバームクーヘンの違いは意外なものでした。

 

バウムクーヘンはドイツが誇る伝統的菓子で格式が高いことがわかりました。

 

味が想像できませんが・・・

 

番組で紹介されたお店や商品も紹介させていただきました。

 

いかがだったでしょうか。

 

最後まで読んでいただきました、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事 - Related Posts -
error: Content is protected !!