未分類

テレワークの誰も触れないデメリットが怖い!あなたは大丈夫?

 

新型コロナウイルス騒動が完全に収束していない中、緊急事態宣言が解除されました。

 

中にはテレワークどころか自宅待機もなく通常出勤をせざるを得なかった方もおられると思います。

 

私が勤務している会社では、これからもテレワークを継続していくようです。

 

同じようにテレワークを継続するという会社はあるでしょう。

 

なかには、これを機会にオフィスをたたんで365日テレワークを始める会社まで登場しました。

 

時代はどんどん変わっていきますが、まだまだ解決しなければいけない課題も多々あります。

 

他でもさまざまなサイトがメリットやデメリットを解説していますが私なりの意見を紹介したいと思います。

 

そこには誰も触れないやっかいな課題もありそうです。

 

誰もふれないそんなデメリットや未来へのチャンスだという話も紹介していきたいと思いますので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

 

テレワークとは?

 

「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語でJack M. Nillesさんが考えたのだそうです。

 

ただ、あくまで遠隔のオフィスで働く意味なので、日本で言っている自宅で働くこととは意味がことなるんですね。

 

なのでリモートワークの意味のほうが近いようです。

 

「本来はリモートワークのほうが適切なんですがね」

 

と言うと嫌われるかもしれませんので、多数派の意見にしたがっておきましょう。

 

スポンサーリンク

テレワークの一般的に言われているメリットは?

 

一般的に言われているメリットとして

 

  • 通勤時間を有効に活用できる
  • 家事や育児をしながら仕事ができる
  • 集中できる

 

こんなところでしょうか。

 

ただし、これらを真逆の視点から見るとデメリットにもなり得ます。

 

 

スポンサーリンク

テレワークのデメリットは?

 

メリットを真逆からみると・・・

 

テレワークは通勤時間を有効に活用できない

 

たとえば通勤時間が1時間の場合、いつもの同じ時間に起きて、この1時間を試験勉強や将来にむけた準備に使えば有効に活用したことになります。

 

しかしですよ・・・朝方までゲームをしていて起きたのは始業時間ぎりぎり。

 

頭がボーッとしていて仕事をする体制になっていません。

 

それどころか、始業時間をすぎて目を覚ましてもわからないケースが多いですね。

 

テレワークは家事や育児をしながら仕事ができない

 

家事や育児をしながら仕事ができるという声もよく聞きますが、家事や育児をしている場合は仕事はできませんよね。

 

という屁理屈はおいておいて・・・

 

家から出られないために優秀なお母さんが働けない現状はとても多いと聞きます。

 

そんな人材が活躍できるのは会社にとって大きなメリットであるはずです。

 

また、産休のブランクで仕事が前までのようにこなせない・・・という悩みもありましたが、テレワークで可能な範囲で働き続けられますね。

 

女性にとっては歓迎すべき施策だと思います。

 

あれ?デメリットじゃないじゃん・・・とつっこまれそうなので身近な同僚の話をちょっとご紹介します。

 

彼女は、テレワークで仕事が捗らないといいます。

 

理由は子供からの容赦ないタックルなどで気が散って仕方ないそうです。

 

家事も、出勤していれば諦めがつくのですが、自宅にいるといろいろと気になって色んなことをやっちゃうそうです。

 

テレワークは集中できない

 

テレワークは集中できるといいますが、協力会社の社員からとんでもないことを聞きました。

 

彼はうちの会社に派遣されているので被害はないようですが、本社のある部門では、課長からの電話が集中力を妨げているそうです。

 

とにかくひっきりなしに電話してくるそうなんです。

 

会社ではひっきりなしに声をかけてくることはないそうなのでテレワークに限った弊害が起きているようです。

 

部下がちゃんと働いているか気になっているようなのです。

 

たしかに家で仕事をしているとSNSが気になっていじったりするかもしれません。

 

ちょっとお菓子を買いに近くのコンビニまで出かけているかもしれません。

 

可愛いお子さんにハグハグしているかもしれません。

 

まあ、これらのことは想定の範囲内だと思うのですが、こういったことが許せないのではないかと彼は言います。

 

ちょっと被害妄想なのでは?と思ってしまいますが、とにかく集中できないのは事実なようです。

 

 

スポンサーリンク

テレワークの誰も触れないデメリットは?

 

一番やっかいな問題は・・・

 

旦那が家にいることを奥さんが快くおもっていないことです。

 

我が家はどうなんだろうか・・・

 

考えないようにしてますが、奥さんのほうはイライラが蓄積されていっています。

 

そして、あるとき熟年離婚!

 

なんてことも冗談ではありません。

 

私が思うにテレワークの一番の問題は、出勤によってちょうどよかった夫婦の距離感がくずれることだと考えます。

 

とくに自分の部屋を持っていない方は奥さんの視界につねに入っているわけです。

 

これはもう離婚のリスクが高いと言わざるを得ません!

 

ZOOMなどを使った会議にもイライラした奥様が映り込んでしまうかもしれません。

 

いや、意図的にカメラの視野に入り込んでくる可能性があります。

 

どうしますか?

 

スポンサーリンク

対外的対策案

 

ZOOM会議中に奥さんが侵入してきたとしても大丈夫な設定をしてしまいましょう。

 

これをすることで安心して会議に集中することができます。

 

手順

 

ZOOM.USメニューから「設定」を選択します

 

設定画面が開きますので「バーチャル背景」を選びます。

 

その後、「バーチャル背景」を選ぶことにより生活感満載の背景が隠され、選択した画像、または動画に置き換わります。

 

私はまだ会社員ですので身バレ防止で私が描いた自画像イラストで顔を隠していますがご了承ください。

 

クリスタ で描きました。

 

どうでもいいですね・・・

 

 

 

ちなみに、バーチャル背景のためにブルーバックやグリーンバックを用意する必要はありません。

 

どんなに生活感漂う背景であろうが、隠してくれます。

 

また、おきにいりの画像や動画も背景として使えます。

 

その場合は3で示している「+」ボタンを押して素材を選んでください。

 

スポンサーリンク

家庭内の対策案

 

これはもう本当に日頃の行いにかかっています。

 

これからでも遅くありません。

 

奥様があなたのことをうざいと感じないように行いを改善しましょう。

 

夫婦関係改善の心得

 

その1 奥様に感謝の気持ちを常につたえよう

 

贈り物をするなど難しいことをする必要はありません。

 

なにかやってもらったときは「ありがとう」と感謝し言葉で伝えることです。

 

その2 奥様を尊敬しよう

 

奥様は家事や子育てを毎日こなしています。

 

仕事をしながらだとさらに大変だと思います。

 

テレワークの機会に奥様がどれだけ家の中を動き回っているのかしっかり観察しましょう。

 

そして自分に同じことができるか想像してみてください。

 

むりだわーーーと思ったら素直に尊敬しましょう。

 

その3 小さなことでもよいのでお手伝いをしよう

 

お風呂の掃除、台所まで茶碗を運ぶ、玄関先をはく・・・

 

なんでもいいです。

 

夫婦なんですから。

 

これは俺の仕事じゃないという区別をなくしましょう。

 

この先に訪れる地獄を見るまえに(笑)

 

 

まとめ

 

テレワークのメリットデメリットを紹介させていただきました。

 

生産性が多少低下しようがテレワーク体制が今後も増えていくことは間違いありません。

 

そのせいで家庭内がギクシャクするというデメリットも紹介しました。

 

ZOOMの背景変更機能なども有効だと考えますが、奥様とうまくコミュニケーションをとってください。

 

テレワークのデメリットは「コミュニケーション不全になる」って所詮同僚とのことなど二の次です。

 

家庭が第一ですよ。

 

それでは、またの機会にお会いしましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事 - Related Posts -
error: Content is protected !!