スポーツ

五輪マラソン「最後1枠」の決め方は?男子は大迫傑選手を予想!その理由とは?

五輪(東京オリンピック)マラソンの選考レースでもあるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が終わりました。

 

レースを制したのは「中村匠吾」選手!そして、東京オリンピック男子マラソンに内定したのは「中村匠吾」選手と「服部勇馬」選手。

 

2位の「服部勇馬」選手とデッドヒートを繰り広げながらも惜しくも競り負けた3位の「大迫傑」選手。

 

五輪代表は3枠ですから「最後1枠」の決め方はどのようなものでしょうか?

 

世間は「大迫傑」選手になるのではないかと予想しています。

 

その理由に私なりの解釈をちょびっとプラスして紹介していきますので「いやいや、それは違うだろう」などと机を両手で叩きながら気楽に読んでいただければ嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

東京オリンピックマラソン代表最後1枠の決め方は?

 

マラソングランドチャンピオンシップファイナルチャレンジ(MGCファイナルチャレンジ)で設定されたタイム(すなわち男子は日本新のタイムより1秒速い2時間05分49秒)を上回ることが条件となっています。

 

そして上回ったランナーが2人以上いた場合は、より速いタイムを出した選手が代表内定となります。

 

もし、誰も規定タイムに届かなかった場合は、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で3位だった「大迫傑」選手が自動的に内定します。

 

ところで、女子の「2時間22分22秒」はどうやって決めたのでしょう?何か根拠があるのでしょうか?根拠は示さないのでしょうか・・・男子は示しているのに。

 

スポンサーリンク

マラソングランドチャンピオンシップファイナルチャレンジ(MGCファイナルチャレンジ)とは?

 

公式サイトでは、MGCファイナルチャレンジの定義がされている訳ではなく、選抜方法だけが書かれています。

 

その選抜方法ですが、次のいずれかの大会に出場し規定のタイムをクリアする必要があります。

 

その大会とは・・・

 

  1. 福岡国際マラソン(2019年12月開催)
  2. 東京マラソン(2020年3月開催)
  3. びわ湖毎日マラソン (2020年3月開催)

 

です。

 

ですが「東京マラソン」と「びわ湖毎日マラソン」は開催日が近いことから、両方の大会に参加することは難しそうです。

 

とはいえ、本番の男子マラソンの日程は2020年8月9日ですから、2020年の3月の大会に出て調整が万全にできるのでしょうか?

 

かといって2019年12月の福岡国際では準備が十分にできないのではないかと心配になります。(2019年9月にMGCで走ったばかりですからね)

 

マラソン業界を盛り上げたいという気持ちは理解できますが、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で3人決めてしまった方が選手にとってはよかったのではないかなと思ってしましました。

※あくまでも個人的な見解です。

 

それにしても、基準が日本新というのはハードル高いですね。

 

スポンサーリンク

なぜ、大迫傑選手を予想したのか?

https://twitter.com/EKIDEN_News/status/1173060927907753984?s=20

 

大迫選手を予想した方は「そんなに簡単に日本新は出ないだろう」と考えています。

 

私もそう思います。

 

もし「福岡国際マラソン」「東京マラソン」「びわ湖毎日マラソン」で日本新が出なければ自動的にMGC3位の「大迫傑」選手が内定します。

 

 

瀬古監督が、大迫選手に3大会へは「出ない方がいいんじゃないか」と助言したとも言われています。

 

ただ、大迫傑選手は出場すると思いますね。

 

もし万が一「日本新」が出てしまったら・・・そう考えると出場しないわけにはいきませんよね。

 

スポンサーリンク

3人目の予測について世間の予想は?

 

 

 

 

https://twitter.com/hide_1526/status/1173059397645324288?s=20

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は「五輪マラソン最後1枠の決め方は?男子は大迫傑選手を予想!その理由とは?」というタイトルでお届けしました。

 

  • 最後の1枠の決め方は、マラソングランドチャンピオンシップファイナルチャレンジ(MGCファイナルチャレンジ)で設定されたタイムを上回ること
  • 設定タイムは、日本新のタイムより1秒速い2時間05分49秒となっている
  • 対象の大会は「福岡国際マラソン」「東京マラソン」「びわ湖毎日マラソン」の3大会
  • クリアした選手がいない場合は大迫傑選手が内定
  • 世間では「日本新」はそう簡単に出ないだろうと思っている

 

残念なのは大迫傑選手と設楽悠太選手の競り合いが東京オリンピックで見られないことです。

 

どんな選手が選出されても、みんなで応援しましょう!

 

それでは、最後まで読んでいただき有難うございました!

 

中村匠吾(マラソン)の箱根の成績やMGCの勝因は?愛用シューズや監督も調査マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で富士通の中村匠吾選手が2時間11分28秒で優勝しました! マラソンの中村匠吾...
中村匠吾(マラソン)やMGC選手が履いたピンクシューズ(ナイキ)はドーピング?マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で富士通の中村匠吾選手が2時間11分28秒で優勝しました! 中村匠吾選手の2段...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事 - Related Posts -