エンタメ

吉田栄作の若い頃がかっこいいと評判!最新音楽情報もご紹介

テレビ東京のドラマ「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SWASON4」が話題ですね。

 

先日は主演を務める小泉孝太郎さんの弟である進次郎さんが「おもてなし婚」を発表したばかり。

 

そのドラマに出演している前川俊也役の吉田栄作さんがじわっている。

現在はしぶいおじさま風な吉田栄作さんの若い頃がかっこいいとネットで話題になっていますので昔の髪型や画像などを現在と比較してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

プロフィール

 

吉田 栄作さん(よしだ えいさく)は、1969年1月3日で50歳ですね。

 

身長 184 cmとかなり高いですね。

 

吉田栄作さんはモデル出身なので当然かもしれません。

 

吉田栄作さんの代表作となった「もう誰も愛さない」「愛さずにはいられない」では白身の演技をみせてくれました。

 

当時はトレンディードラマ俳優と呼ばれていました。

 

吉田栄作さんは俳優業だけでなく、歌手でもあり、音楽にも力を入れています。

 

1990年と1991年には紅白の出場も果たしています。

 

アジアツアーでは2万人を動員しました。

 

とにかく、すごい人なんですよ。

 

スポンサーリンク

若い頃はどんなだった?

 

 

サラサラヘアーでかっこよかったですね。

 

当時にはあまりいない甘いマスクの持ち主でしたからね。

 

初めの頃は「モデル上がりになにができる」なんて声もありましたが、そういった声もすぐになくなりました。

 

私はオンタイムで観ていましたが、当時は顔がよければとりあえずOKみたいな感じでしたが、吉田栄作さんの演技はとても素晴らしかったですよ。

 

そのあと、アメリカに拠点を移すことになったときは、惜しむ声も多かったですね。

 

うちのオカンなどは「なんかへんな方向いこうとしてへんか?」と心配していたと記憶しています。

 

スポンサーリンク

現在はどんな感じ?

 

 

2018年に出演したドラマ「天」でアカギ役を演じたときの吉田栄作さんです。

 

みごとに渋いおじさまを表現していますね。

 

こういうキャラは需要がありそうなので、また変な気さえおこさなければ、この先もずっと吉田栄作さんをテレビで観れますね。

 

ただ、最近は舞台に注力したいという発言もありますので、もしかすると露出は減っていくのかもしれません。

 

男性は、若い頃はブサメンでも、老いて来るとだんだんかっこよくなるという都市伝説が昔ありました。

 

奇しくも私自身がこの通説の誤りを証明してしまったのですが、若い頃イケメンだった方は老いてもイケメンですね。

 

これは、いったいなんの法則なんでしょうね。うらやましい。

 

スポンサーリンク

最新音楽情報

 

 

吉田栄作さんは音楽活動を続けてこられていて、今年で30周年の節目を迎えました。

 

https://twitter.com/ratspack/status/1158578388673499136?s=21

 

これまで18枚のアルバムを発表していますので、今回で19枚目となります。

 

渡辺エンターテイメントから独立して初のアルバムなので気合いもはいっているでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今、再燃している吉田栄作さんの若い頃と現在の様子を紹介しました。

 

吉田栄作さんの若い頃は、現在でも十分通用する身長とルックスを兼ね備えていました。

 

アメリカでの活動は得るものもあったでしょうが、失うものもあったかなという話をさせていただきました。

 

現在の吉田栄作さんは、キャラ作りにも成功し、ドラマ、舞台、音楽と、精力的に活動しており、現在の自分は起承転結の転だとおっしゃっています。

 

すごいですね。

 

これからのご活躍を楽しみにしています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事 - Related Posts -