未分類

芸能人が続々とユーチューバーに進出!一方「嫌い」との声多数!そのワケは

芸能人のYoutube(ユーチューブ)への参入が続いていますね。

 

好きな時にお気に入りの芸能人を観れるわけですから喜ばしいことです。

 

しかも、何度も、好きなだけ!

 

いい時代になりました。

 

一方で、芸能人がYoutube(ユーチューブ)に参入することを快く思っていない方もいるようです。

 

Youtube(ユーチューブ)大好きな私がその理由について考察していこうと思います。

 

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

どんな芸能人がYoutubeに参入してるの?

 

実際には、どんな芸能人の方がYoutube(ユーチューブ)を始められているんでしょうか。

 

私が登録している一部の芸能人をご紹介します。

 

チャンネル登録する対象は基本的に「おもしろいことをやってる」人ですね。

 

皆さんもそうではありませんか?

 

カッコ内の数字はチェンネル登録者数です。

世田谷一郎(13万人)

所ジョージさんの公式チャンネルです。プラモを加工したり、作成したり。癒されます!私もプラモ製作は好きなんですが嫁に怒られるので作れないでいます。でも所さんのゆるいトークを聞きながら見てると自分でやった気になれて満足してしまいますね。いつもは、まったりしたいときに見ています。

中田敦彦のYouTube大学(69万人)

文学、歴史、政治などをわかりやすく紹介してくれます。比較的動画の時間が長いので、いつもルームランナーでランニングしながら見ています。

ヒロシちゃんねる(44万人)

キャンプ大好きなヒロシさんのチャンネルです。アウトドア関係の動画ですが、ノウハウ的なものは一切ありません。せっかく焚き火で作ったパンがまずくて食べられないからとコンビニパンを食べてしまう。そんな無計画なゆる動画に癒されています。

メンタリスト DaiGo(121万人)

人の心なんて読めるわけねーじゃんとおっしゃったDaiGoさんですが、世界中のさまざまな研究をわかりやすく解説してくれています。アップテンポの語り口調が人気なのかなと思います。いつもは夕食を食べながら見ています。

ロシアン佐藤『おなかがすいたらMONSTER!』(69万人)

ロシアン佐藤さんの大食いチャンネルです。自分で作って食べたりするんですよね。会社を作っていて動画製作体制もばっちりなので、サムネ含めとっても見やすい番組です。最近の大食いの方はとても美しく食べます。見てて気持ちがいいです。いつもは夕飯の待ち時間に見ています。

スポンサーリンク

嫌いと言われ苦戦する芸能人たち

 

Youtubeはわかりやすいですね。

 

今や良くわからない視聴率によって、芸能人の人気度がますます不明瞭になってきていますが、Youtubeのチャンネル登録者数はずばりネット上の人気を示しています。

 

チャンネル登録者数が少ない方はネットで受け入れられていないと考えることができそうです。

 

 

ネットは若い人たちだけではなく、40、50歳代の方々も多く利用しています。

 

そして、若い方人含む、そういった人たちがYoutubeチャンネルに求めていることは「面白さ」「癒し」、そして面白さとかぶりますが「意外性」などです。

 

番組は、視聴者の好みを最大限に考慮して番組への出演者を決めていると思われますので、そういった芸能人がYoutubeで苦戦すると言うことは、視聴者層がテレビとYoutubeでは異なると言えそうです。

 

 

テレビ番組は、時間配分や、露出タイミング、セリフなどが細かく決められています。

 

テレビの延長線上でチャンネル運営をしている芸能人が目立ちます。

 

視聴者は、テレビと同じものは見たくないと思ってるのではないでしょうか。

 

少なくとも私はそうですね。

 

先日100万人を突破した梶原さんのカジサックの部屋

 

 

 

梶原さんは、テレビの世界では主役になれませんでしたが、本来主役になって開花するタイプの人間だと思います。(上からですみません)

 

ですから、Youtube(ユーチューブ)で成功しているんだと思います。

 

チャンネル登録者数は今後もっと増えるでしょうね。

 

しかし、成功している芸能人は一部であり、苦戦している方のほうが多そうです。

 

嫌いと言っている人は、テレビの延長線のような番組構成にうんざりしているのかもしれません。

 

そんな芸能人たちはどうすればいいの?

 

テレビと同じことをやらないでください。

 

そして過去の栄光を自慢しないでください。

 

テレビ局関係者はヨイショしても、我々視聴者はシビアですよ。

 

そんな話が始まった瞬間にチャンネルを離脱します。

 

ヒロシちゃんねるのヒロシさんなどは、じわじわくる映像を作っています。

 

もともと芸人向きじゃないとご本人が言われてましたので、自然体でやった結果が人気につながっているのだと思います。

 

キャンプ愛が溢れていますね。

 

Youtuber(ユーチューバー)の方はトークスクリプトも事前に用意してテンポよく話し、編集もしっかりと行い、見ている側の満足度を高めようとしています。

 

反対に、ヒロシさんのチャンネルは、1日が48時間あるんじゃないかと言うぐらいゆっくり、ゆっくり進行します。

 

こう言う動画は比較的中年以上の方だと思いますので、そういった年代もYoutube(ユーチューブ)を見ていることがわかります。

 

たまに変なゲストを呼んだりして、とてもおもしろいです。

 

所さんがやってる世田谷一郎チャンネルも、癒されますね。

 

とにかく、かっこつけないで全てをさらけ出して欲しいですね。

 

まとめ

 

結局、チャンネル登録者数は、チャンネル開設者の問題であって、視聴者には関係のない話ですよね。

 

どんなにチャンネル登録者数が少なくても、登録している方にとっては面白い番組ですし、中にはチャンネルに救われている方もいます。

 

芸能人の参入について、私個人の意見としては、遠い存在だった芸能人が少し身近に感じられて嬉しいです。

 

3年後はテレビとYoutubeの垣根は無くなっていると思います。

 

その時が楽しみですね!

 

あくまでも、一個人の意見でした。

 

最後まで、読んでいただいてありがとうございます!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事 - Related Posts -
error: Content is protected !!